注意したいこと

効果の持続性

プチ整形の場合には、メスなどを使用せずに手軽にできる分、その持続性という面では通常に整形手術よりも少なくなる可能性があります。
つまりは、切開して縫うという方法に代えて糸でとめるのがプチ整形の方法だとすれば、その強度はやはり落ちます。
二重まぶたのプチ整形の場合には、目を強く擦るなどなんらかの理由で糸が切れてしまう可能性もあります。
そうすればその二重まぶたもなくなってしまうこともあるのです。

また、二重まぶたのプチ整形の場合には、まぶたの裏側から糸でとめる手術です。
使用する糸は眼球にふれることになり眼球を傷つけてしまう恐れもあることを認識しておきましょう。
手術後のリスクやその持続性については手術前にしっかりと検討しておく必要があります。

その効果は?

身体への負担が少なく、かつ安価な費用で手術ができるプチ整形は、実際にはどれほどの効果を得ることができるのでしょうか。
やはり通常の美容整形手術と比較すると、手術する場所にもよりますが、その効果は少ないのかもしれません。
なぜかと言えば、手術が簡易なものだけに、また身体にメスを入れないので、どうしても効果が少なくなってしまうのです。
大きな効果(変化)を期待するならばプチ整形は向いていないのかもしれません。

また、効果と関連してその持続性においても申し上げたように半永久的なものではないという点もあります。
プチ整形の場合には、何年か経過すれば再度手術を行うケースも少なくありません。
手術には費用や効果など検討が必要なのです。